HOME > トピックス > 第100回 昭憲皇太后基金支援事業 分配先決定
令和3年4月23日更新

第100回 昭憲皇太后基金支援事業 分配先決定

赤十字社総会行啓(聖徳記念絵画館壁画)

 国際開発援助の先駆けとなった本基金は、明治45年(1912)の

赤十字国際会議に際し、昭憲皇太后がご寄附をされた10万円

(現在の3億5千万円相当)により創設されました。

 当時の赤十字社は戦時救護を主として活動をしており、災害

への対策や疾病予防等の平時活動を奨励するための基金設立は

大変画期的なことでした。
 本基金は、国際赤十字社に設けられた委員会により運営され、

毎年、昭憲皇太后のご命日にあたる4月11日に支援先を決定し、

原資を切り崩すこと無く、世界の赤十字社の活動に配分されて

います。

 

■第100回昭憲皇太后基金 支援先一覧
https://www.jrc.or.jp/international/news/2021/0421_017114.html

 

 配分額は、大正10年の第1回より今日の第100回までで、17億円

以上、配分先は171の国と地域になります。

そして、令和4年度に昭憲皇太后基金設立110年を迎えるにあたり、

当会では御祭神の御遺徳に沿い祀り、引き続き1つでも多くの活動

を支えるために「昭憲皇太后基金増額献金運動」の強化を行って

参ります。

 

■昭憲皇太后のご坤徳について
https://meijijingusukeikai.or.jp/sukeikai/about/60.html

 

 

 

昭憲皇太后基金へのご寄附や、ご質問は、当会本部事務局までお問い合わせください
   一般財団法人 明治神宮崇敬会 本部事務局  電話:03-3320-5700(9:00-17:00)