HOME > 崇敬会の紹介 > 崇敬会について

昭憲皇太后は嘉永3年(1850)4月17日(新暦5月28日)、一条忠香公の第三女としてご誕生になられ、明治元年12月28日、明治天皇の皇后としてご入内あそばされました。

昭憲皇太后御肖像

昭憲皇太后のご生涯は婦徳の鑑と仰がれていますが、殊に女子教育のご奨励と博愛、慈善の事業については、極めて大きな役割をお果たしになりました。

東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)に下賜された御歌

  • みがかずば玉も鏡も何かせむ
  • まなびの道もかくこそありけれ

は同校の校歌となっています。また「金剛石」の唱歌は、御自らのご作詩で、華族女学校に下賜されたものです。


「女子師範学校行啓」聖徳記念絵画館壁画

「赤十字社総会行啓」聖徳記念絵画館壁画

博愛と仁慈の御心は、日本赤十字社や慈恵会の創立のほか、育児院や孤児院などの養護事業にもそそがれました。特に赤十字事業では、平時の救護活動に先例を開かれ、現在ジュネーブの赤十字国際委員会等で管理運営されている「昭憲皇太后基金」は、今なお毎年、世界各国の赤十字事業の助成に活用されています。

また、昭憲皇太后のお詠みになった御歌も約3万首に及んでおります。

  • 朝ごとにむかふかがみのくもりなく
  • あらまほしきは心なりけり
  • へだてなくいつつのくにに交はるも
  • こころのまことひとつなりけり

明治天皇と同じく、すべては「誠」にはじまるとされる尊い御心を拝することができます。

昭憲皇太后は大正3年4月11日、明治天皇のみあとを追われるごとく崩御され、伏見桃山東陵に奉葬せられたのです。


ご祭神ゆかりの「菖蒲田」

ご祭神ゆかりの「隔雲亭」

明治天皇は、嘉永5年(1852)9月22日(新暦11月3日)に孝明天皇の皇子としてご降誕あそばされました。それはアメリカのペリー提督が軍艦4隻を率いて浦賀に来航する前年のことでした。

当時は欧米の列強諸国が、競って東洋に植民地を求めて進出した時代で、日本国内も徳川300年にわたる封建制度が破綻をきたし、皇室を中心とした新体制を望む声が高まって国論が沸騰し、物情騒然たるありさまで、日本も一歩その対策を誤れば、たちまち植民地化される危険をはらんだ時代でした。

このような状勢の中で、孝明天皇が崩御され、明治天皇は慶応3年(1867)1月9日、御年16歳(数え年)で皇位をお継ぎになったのです。

明治天皇御肖像

ほどなく将軍徳川慶喜の大政奉還にともなって、同年12月王政復古の大号令を発せられ、翌4年(明治元年、1868)3月14日、天皇は五箇條の国是をお誓いになり、施政の大方針を明らかにされました。そして同年9月には年号を明治と改められ、10月には東京遷都、翌2年(1869)版籍奉還、廃藩置県、5年(1872)の学制公布、そのほか鉄道・電信・電話の開通、太陽暦の採用など新政の施策が次々に進められていったのです。


「践祚」聖徳記念絵画館壁画

「王政復古」聖徳記念絵画館壁画

更に明治22年(1889)には帝国憲法を発布せられ、翌23年には帝国議会の開設があり、また教育勅語も渙発されました。

こうして日清・日露の両戦役を経て、我が国はわずか半世紀の間に立憲政治を確立し、産業の開発、国民教育の普及と文化の向上、国防の充実、諸外国との交流など近代国家への脱皮発展は目ざましく、遂には東洋の一小国より世界の列強の1つに数えられるまでになったのです。

明治天皇は、およそ身長170cm、体重約80kgの立派なご体格で、豪毅果断であらせられたとともに、ご仁徳高く博愛の心に富ませられ、また、ユーモアを解せられたと伝えられています。

特に天皇は、和歌の道に秀でられ、ご一代にお詠みになった御製の数は約10万首に及んでおり、常に国家国民の繁栄と世界の平和を祈念された尊い大御心を拝することができます。

  • おごそかにたもたざらめや神代より
  • うけつぎきたるうらやすのくに
  • 国民のうへやすかれとおもふのみ
  • わが世にたえぬ思なりけり

これらの御製を拝することによっても、いかに明治天皇が、万世一系の天子としてのご自覚をもって、多難な時局に対処し近代国家の建設に邁進あそばされたか、そして明け暮れ国民の上に御心をおそそぎになったかを、うかがうことができます。

また天皇の世界平和についての御心は

  • よもの海みなはらからと思ふ世に
  • など波風のたちさわぐらむ

の御製によっても拝察することができます。


「憲法発布式」聖徳記念絵画館壁画
「教育勅語下賜」聖徳記念絵画館壁画

ご在位46年の間、国民と苦楽を共にされ、国の隆昌と国民の安寧のため、尊いご生涯を捧げられました。

明治時代、我が国の興隆発展は世界の驚異とまでいわれていますが、これひとえに「誠の心」をもってご親裁あそばされた明治天皇のご聖徳によることは申すまでもありません。

明治45年7月30日、御年61歳(数え年)をもって崩御され、大正元年(1912)9月13日東京青山(現在の神宮外苑)においてご大葬、翌14日京都南郊、伏見桃山陵に奉葬せられました。

本会は戦後の人心の動揺と混迷が著しい時にあって、明治神宮ご祭神の御徳を奉ずる全国篤志の方々が結集して、国民精神のよりどころとしての神宮のご隆昌を期するため、昭和21年(1946年)6月1日明治神宮崇敬会として創立された。


会員の集い

 

本会は会長のもと理事会、評議員会などの議決を得た事業計画に基づき、各地に設けられた数多くの支部や婦人部の組織を通じ全会員が一致して、ますますご祭神のご神徳を崇め、大御心を戴いて各々が自己の修養に努めつつ、道義の向上と国民精神の振興をはかり、皇室を中心とした明るい地域社会の建設を通じて、日本の発展と世界の平和に寄与していくことを目的に、明治神宮祭典行事の奉賛、各種の集会行事、出版、福祉事業などさまざまな活動をつづけている。

 

戦後の混乱期から今日に至るまで、ひたすら神宮の奉護と明治の精神にもとづく運動を、崇敬者の組織づくりを基として着実に展開してきた本会は、今日では名実ともに日本有数の敬神教化団体として、各方面よりその発展が期待されている。

 

平成28年には本会創立70周年・同婦人部結成40周年の佳節を迎え、この節目の年を契機として4月1日には一般財団法人へ移行し、先人達が築き挙げてこられた崇敬会70年の足跡を踏まえつつも、今後は、時代の進展に即した多様な新事業と活動を積極的に展開し、社会的使命達成のため積極的に活動をして参ります。


御社殿

 

明治神宮は、明治天皇、昭憲皇太后御二柱をお祀りする神社で、大正9年(1920)11月1日にご鎮座になりました。

 

明治天皇はご在世中、日本の近代化を推し進められ、憲法、教育、文化、国防などすべてにわたって飛躍的な発展を成し遂げられました。


創建時のご社殿

鎮座祭当日の参拝風景

明治45年(1912)7月30日、明治天皇が崩御されると、天皇のご神霊をお祀りする神宮を創建して、ご遺徳を永遠に景仰申し上げたいと熱望する声が国民の間から沸きおこり、大正3年(1914)4月11日、昭憲皇太后が崩御されると、そのご神霊も共にお祀りすることとなりました。

 

ご鎮座地は全国の多くの候補地の中から、両陛下が特にお縁の深かった南豊島御料地である現在の代々木の地(豊多摩郡代々幡村)に決定されました。神宮造営にあたっては国の内外から365種、10万本の樹木が献納され、境内造苑工事には延べ11万人にも及ぶ全国各地の青年奉仕団による勤労奉仕によって、植樹や参道づくりが行われました。こうして国民のまごころによって、大正9年ご造営が完成し、11月1日にご鎮座祭が執り行われました。


参道づくりや樹木の植栽を行う青年奉仕団

 

その後、先の大戦における昭和20年(1945)4月13日の空襲により、ご本殿をはじめ主要な建物はことごとく灰燼と化してしまいましたが、昭和28年(1953)に「明治神宮復興奉賛会」が結成され、奉賛活動と復興事業が始まりました。独立を回復したとはいえ、国民生活もまだ苦しかった当時、国内だけでなく海外同胞よりも尊い浄財が寄せられて見事に再建され、昭和33年(1958)10月31日、鎮座記念祭の前日、本殿遷座祭が行なわれ戦災復興を果たしました。